施術内容&流れ

 慢性痛の根本原因である
「滑走障害」を改善させます

【 滑走障害とは? 】

通常、私たちの体の組織(皮膚、筋肉、神経など)は、それぞれ細胞が癒着して固定されている訳ではなく、互いに滑り合うような身体構造になっていることが、近年の研究で分かってきています。

その組織間の滑りが悪くなっている状態を「滑走障害」といいます。滑走障害が生じることによって、痛みの受信機である神経が圧迫され、慢性痛が発生するわけです。※最近では滑走障害が、慢性痛の原因の大部分を占めるとまで言われています。

例えば皆さんも良く耳にする「坐骨神経痛」も下記の図の通り、滑走障害が発生しやすい箇所に施術を加えることで、嘘のように痛みが改善することも珍しくありません。

※とくやま徒手療法研究所様から引用

そして厄介なことに滑走障害は画像(レントゲン、MRI、CT)には映りません。※一部除く

慢性痛に悩み、医療機関を受診しても、痛みの原因が分からないと診断された人は少なくないと思います。その理由の一つに上記のことが挙げられます。

【 滑走障害が生じる理由とは 】

ここではセラピスト業界で、トップクラスの知識量と技術力を誇り、多数の医学書も出版しておられる理学療法士の園部俊晴先生のお言葉を少しだけお借りしたいと思います。

滑走障害が生じる原因としては次の3つが考えられます。※PT-SONOBE.COM 臨床日記 文章一部引用


①炎症
1つ目は炎症です。術後や外傷後に生じる場合はもちろんですが、それ以外にも炎症症状が起こると、その後、組織修復のための線維化が生じ、滑走障害が生じると考えられます。患者のよくある表現で「ピキ!と音がした後からおかしいんです」と言われることも多いです。

②過活動
2つ目は過活動(使いすぎ)です。例えば膝関節で考えると、膝痛で悩む多くの人は「太もも前の筋肉」を過剰に使うということが分かっています。

過剰に使われた太もも前の筋肉は緊張が高まることで柔軟性が低下し、最終的には膝回りの滑走障害が生じます。慢性的な膝痛持ちの人が、正座ができない理由も滑走障害が大きな理由として考えられます。

③不動
3つ目は不動(使わなさすぎ)です。 身体の組織は使わないことによっても滑走障害が起こることが分かっています。

例えばデスクワークなどで、長時間同じ姿勢が続いた際、首や肩回りが緊張し、硬くなっている経験がある人は多いかと思います。これは動かなさすぎた結果、滑走障害が生じ、コリや痛みが発生するのです。

起床時や動き初めに関節に痛みが発生する場合も、長時間の不動による滑走障害が原因と考えられます。

【 滑走障害を改善する技術 】


滑走障害といっても、どの組織間が付着しているかを見極める必要があります。皮膚と浅筋膜間、はたまた筋肉と末梢神経間かもしれません。

当院では理学療法士である院長が、専門的な知識と技術により、どの組織間で滑走障害が生じているのかを見極めて、その組織を確実に狙って施術を加えていきます。

また滑走障害の再発は予防するため、日常生活動作(立ち方や歩き方など)の修正、自宅で行うセルフストレッチの指導も徹底的に行います。

 初診の流れ

① 問診票の記入 & カウンセリング

まずはあなたの状態を把握するために、時間をかけて丁寧にカウンセリングを行います。お悩みの症状について「いつから、どこが、何をすれば痛むのか」といった点でお聞きします。ご不明な点や気になることがありましたら、お気軽にご質問ください。


② 腰・股関節・膝の状態を検査

カウンセリングでお聞きした情報をもとに、あなたの痛みの原因を検査していきます。具体的には姿勢、歩き方、筋力、関節可動域、ゆがみ、痛みがでる動作などを細かくチェックします。この検査であなたの痛みの真の原因を突き止めていきます。


③ 施術開始

検査結果を元に、痛みの原因に対してアプローチしていきます。また痛みが再発しないための立ち方や歩き方の指導など、日常生活動作の修正も行っていきます。


④ セルフケア指導

施術後は痛みの改善を早めるセルフケアをお伝えします。また、この時点で疑問などがあればお気軽にお話してください。親身になって相談に乗らせていただきます。


⑤ お会計

お会計後、今後の計画についてご相談させていただきます。

※現在、当院では同業者(医師、PT、OT、柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師)のご来院を全てお断りしております。理由としては身分を隠して偵察目的の同業者が非常に増えてきた為です。

※ただし上記以外の資格者の方はご予約可能です。(例)薬剤師、診療放射線技師、看護師、リラクセーションセラピスト、インストラクター等