突然、股関節痛が発症した50代女性の症例《大阪都島 腰痛/股関節痛/膝痛専門》ゴトゆき整体院

以前から違和感はあったものの、突然右股関節に痛みが発症した女性クライアント様。病院で画像検査での結果は「軽度の変形性股関節症」とのこと。その後、幾つか整骨院に通院し、矯正の施術を受けるも痛みに大きな変化はなく、専門家に診て欲しいという想いで当院に来院されました。

足を上げる動作に痛みが生じるため、自転車に乗ることも辛い様子。歩く時も足が上がり切らない状態が確認できました。どちらも筋肉を縮める運動で痛みが発生しているため、この場合、組織同士(筋肉や神経)の滑走性を高めるアプローチが効くケースが非常に多いです。

股関節周りの滑走不全の箇所に施術を加え続けると、1度の施術で痛みレベルが10→2まで大きく変化しました。恐らく筋筋膜性疼痛で、痛みの原因は滑走不全によるものだったと仮定します。「足が嘘のように軽い」と言って頂きました。お力になれて本当に良かった。

関連記事

  1. 股関節痛を重症化させないためには?《大阪都島 腰痛/股関節痛…

  2. 病院で原因不明と診断された股関節痛に悩む女性《腰痛・股関節痛…

  3. 関節痛が治る人に共通する大きな特徴《大阪都島 腰痛/股関節痛…

  4. 手術で人工股関節にしたのに、痛みが取れない60代女性の症例《…

  5. シンセルクリニック様と提携しました《大阪都島 腰痛/股関節痛…

  6. 痛みの改善には血行の循環が超大切という話《大阪都島 腰痛/股…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA