膝の軟骨がすり減っているひざ痛に苦しむ女性の症例《大阪都島 腰痛/股関節痛/膝痛専門》ゴトゆき整体院

約一か月前から膝の内側に痛みが発生した女性のクライアント様。整形外科では変形性膝関節症と診断され、ひざ痛の原因は「軟骨がすり減っているから」と説明を受けたとのこと。

カウンセリングの段階で「関節性由来の痛みかなぁ」と思いましたが、検査をしていく内に「あれ、これ筋・筋膜性の痛みの可能性高いな」と感じました。

実際に股関節後面、太もも後面、内もも付近にアプローチを加えると痛みレベル10→3まで軽減。患部にもアプローチを加えると0~1まで更に軽減。この時点でほぼ間違いなく関節性由来の痛みではなく、筋・筋膜性由来の痛みと判断しました。

最後はセルフケアを指導し、本日の施術は終了。完治を目指すなら3ヶ月はしっかりメンテナンスが必要になるので、油断せず、責任を持ってサポートしていきたいと思います(^^♪

関連記事

  1. 痛みの原因は知覚過敏?《腰痛・股関節痛・膝痛の専門院》ゴトゆ…

  2. 関節の変形を予防するためのストレッチ《大阪都島 腰痛/股関節…

  3. 膝の痛みで階段昇降ができない女性の症例《腰痛・股関節痛・膝痛…

  4. 慢性膝痛で苦しむ女性の症例《腰痛・股関節痛・膝痛の専門院》ゴ…

  5. 3年来の膝痛が改善した男性の症例《大阪都島 腰痛/股関節痛/…

  6. 股関節痛と心の状態は繋がっている《大阪都島 腰痛/股関節痛/…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA