3年前から腰痛に苦しむ男性クライアント《大阪都島 腰痛/股関節痛/膝痛専門》ゴトゆき整体院

3年前から腰痛に悩まされている男性。最近は日常生活にも影響が出てくるほど、痛みが強くなっているとのこと。整形外科では椎間板症と診断。紹介で当院に来院されました。

痛みが生じる動作を確認。すると「腰椎椎間板症」とは関係のない動きで腰痛が発生していることが判明。脊柱の柔軟性&可動性も乏しく、PLEテスト陽性、局所にジャンプサイン確認。この時点で現在、一番感じている腰痛の原因は「腰椎椎間板症」による腰痛の可能性は低いと判断しました。

実際に腰背部、腹部を中心にアプローチすると、短時間で可動域が広がり、腰痛も軽減していることを確認。ただし3年前からの腰痛。中枢感作(痛みの感受性が高まってしまう現象)の要素もかなり大きいことが考えられます。

即改善…というのは難しいことをしっかりと説明しました。改善が早まるようにセルフケアも指導。一日でも早く腰痛から解放できるように私も責任を持って、サポートしていきたいと思います。

関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症=腰痛発生という訳ではありま…

  2. 坐骨神経痛で立つことも難しい50代の女性《腰痛・股関節痛・膝…

  3. 腰痛・関節痛・ひざ痛を改善する5つのポイント《大阪都島 腰痛…

  4. ストレッチの時間や回数について《腰痛・股関節痛・膝痛の専門院…

  5. ギックリ腰の対処法《大阪都島 腰痛/股関節痛/膝痛専門》ゴト…

  6. 筋トレは腰痛やひざ痛を悪化させる?《腰痛・股関節痛・膝痛の専…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA