膝の痛みで自転車を漕げなくなった大阪市都島区の30代女性

《腰痛・股関節痛・膝痛の専門院》ゴトゆき整体院

どうも、ゴトゆき先生です。

先日、知り合いのご紹介で「膝下の痛み」と「膝が外れそうな違和感」を持った30代女性が来院されました。

どうやら以前から突発的な膝下の痛みがあったようです。

ですが整体院には通わず「自然に治るでしょ」ということで放っておいたとのこと。

そして2021年10月のある日、趣味で始めた水泳をしていた時に悲劇は襲ってきたそうです。

クロールで勢いよくバタ足をしていたところ、「痛っ」と膝下に激痛・・・。

膝下の強い痛みのせいでその日の水泳は中断。

休んでも痛みが引かないもんだから結局その日は自宅に帰ることにしたそうです。

しかし悲劇はまだまだ続きます。

帰りは自転車だったようですが、自転車を漕ぐと膝の痛みと同時に何だか膝が外れそうな感覚に襲われたようです。

そのことをご友人様に相談したところ、そのご友人様が膝関節専門の当院をご紹介して下さったようです。

※ご紹介頂き、本当にありがとうございますm(__)m

実際に膝の状態をみさせて頂くと、とにかく膝関節の歪みがひどい状態。

しかも痛みが出ているのに放っておいた影響で、膝下にある組織の柔軟性が低下+癒着を起こしていました。

癒着している場合、神経が過敏化(歯でいう知覚過敏のようなイメージ)しているケースが多いため、癒着をはがす際に痛みを伴うことが多いんですね。

そのことを伝えた上でリリースしてみると「あ、先生、そこ痛い、いたい」とやはり予想通りの反応。

しかしものの30秒もすると「あれ、さっきより痛くなくなってきた」とすぐさま緩んできた様子。

その後、計3箇所を調整し、先ほどまで膝に痛みが走っていた動きをしてもらうと・・・。

「あれ?さっきより全然楽です。外れそうな感覚もほとんど無い」と笑顔を見せてくれました。

いやー、この笑顔を見ると悩み事なんて全部吹っ飛ぶくらい幸せを感じますね。

しかし現時点では膝下の組織の柔軟性や癒着はある程度改善できたものの、まだ歪みは改善できてません。

歪みを改善しなければ根本改善では無いので、今後の施術計画とセルフケア方法を細かく説明させていただき、本日の施術は終了しました。

「また自転車に乗れることが嬉しい」と笑ってくれたことが何より嬉しいです。

餅は餅屋ということわざがある通り、膝の痛みは膝の専門家に任せるのが一番です。

当サロンでは膝の痛みを熟知した国家資格保有者(理学療法士)である私が責任を持ってみさせて頂きます。

膝にお悩みがあるならお気軽に当サロンにお問合せ下さいね!(^^)!

今日という一日が皆さんにとって最幸の日になりますように!

関連記事

  1. 膝が痛くて満足にしゃがめない人いませんか?《腰痛・股関節痛・…

  2. 膝を屈伸させた時にパキっと鳴る音の正体《大阪都島 腰痛/股関…

  3. 半月板損傷と診断された症例《腰痛・股関節痛・膝痛の専門院》ゴ…

  4. 痛みの原因は知覚過敏?《腰痛・股関節痛・膝痛の専門院》ゴトゆ…

  5. 5か所以上の整骨院に行っても治らなかった変形性膝関節症の症例…

  6. 3年来の膝痛が改善した男性の症例《大阪都島 腰痛/股関節痛/…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA